WAREHOUSE PRISONER PANTS

今晩は!!!
今日は、先ず謝らなくてはいけません。
昨日のブログでデラックスウエアの馬淵さんをあろうことか、高橋さんと間違って書いてしまいました!!!
本当にごめんなさい!!!馬淵さん!!!今度、来られた際には美味しいスープカレーをご馳走いたします。
そして今日は!!!デラックスウエアさんの商品の生産現場がご覧いただける動画もご紹介!!
こちら!!

凄いですよね!!!
一度近いうちにお邪魔しに行こうと思っています!!!

さて今日も新作が続々入荷してきております!!!

こちら
WAREHOUSE PRISONER PANTS ¥17325
c0204678_18284811.jpg

c0204678_1829084.jpg
c0204678_18291090.jpg

Prison clothingには多くの説がある。

なぜ太い縞模様の柄になったかをひも解くと、
ヨーロッパでは古くから二色の糸で織る縞柄を「異端」の象徴としている。

キーボードで「よこしま」と入力して「邪」と変換されたときにそれは読んで字の如くと納得できる。
イギリスの刑務所ではじめて着用させたことから縞模様を「ボーダー」と名付けられた説もある。しかし、ドイツなど、ヨーロッパのほかの国ではストライプに使っているものもある。イギリスのニューゲート刑務所では1815年からこのボーダー柄を採用しているが、
その理由は単に「生地が供給しやすい」こと、そして「囚人を監禁するために適している」ということと記載されている。

アメリカでは州によって囚人服は違う。無地のつなぎのような州もあれば、ボーダーもあり、そのボーダーも色が違う。これは州によって、公共作業などの囚人に課する労働内容
に関係している。軽犯罪によって収監されている囚人達は、公共作業のために屋外へ駆り出されるので、逃亡を防ぐために誰が見ても囚人であると判読しやすいユニフォームが必要であり、森林や水辺に逃げ込んでもすぐに視認できる色柄を選んで着用させていたと推測できる。

今回復刻するPrison clothingのもとになった実物は、インディゴブルーの柄であったため、海軍関係の収監(NAVAL PRISON)、あるいは海や河川での作業を中心に作業する囚人のためのものであったとも推測できる。興味深いことに、このセットアップ、パンツには手作りのベルトループがつけられているが、これは間違いなく後付けである、なぜなら囚人にはベルトはおろか、一切の紐などの類は与えられないから。
生地はインディゴロープ染色したものと生成糸で織ったストライプ柄(経縞)を緯使い(緯縞)した耳付き生地を使用している。

ロープ染インディゴストライプ生地

ウェアハウスではすでに完売!!追加生産が決定した!!!人気商品です!!!
まだサイズ揃っておりますので!!!是非ご覧になりに来てください!!!

中嶋でした。

馬淵さん本当に失礼いたしました
by unique-jean-store | 2012-02-23 18:45 | 新作情報!!

札幌のセレクトショップ ユニークジーンストアブログ http://www.unique-jean.co.jp/