FULL COUNT HAND WASH ORDER CAMPAIGN

今晩は‼
本日二度目の投稿です¡
明日¡出張なので、今日は2度投稿にします¡

来週末から開催する¡

HAND WASH ORDER Campaign in Sapporo

c0204678_19164389.jpg

今回は¡

フルカウントならではの¡

加工を楽しんで頂けるイベントとなっています¡


詳しくはフルカウントさんのblogを引用させて頂きます¡

ジーンズのなかなか色落ちが進まないので、
ある程度落ちた状態から始めたいという方もいらっしゃいます。
途中から始めたいという方はこちらのハンドウォッシュキャンペーンで、
少し落ちた状態から自分の色に仕上げてください。

完成系が欲しいと言うお客さまは、
ダメージやリペア、オーバーダイ加工を駆使してご自身だけの
完成品をオーダーもできます!!
その上、このキャンペーン中だけオーダーできる、
スペシャルな加工を5型ご用意。(もちろん店頭にサンプルご用意しております)
その中から抜粋すると。。。。
s-isetan3.jpg

DSCN3079.JPG
こんな感じ。


さて、HWオーダーキャンペーンの詳しいご説明。


No1.品番(シルエット)を選ぶ(商品代金ご有料)
チャート.jpeg
まず、フルカウントの定番デニムからシルエットを選んで頂きます。
定番であれば全て対象。
もちろん、13.7ozも、XXこと15.5ozどちらでもお承り致します。
※上記画像にない、1120、1130も対象品番です。


No2.色味を選ぶ(加工賃ご有料)
HW01.JPG
そして、色味を選んで頂きます。
通常展開している色味は80%INDIGO、60%INDIGO、40%INDIGOの三色。
しかし、キャンペーン中は70%、40%の色味を追加し、計5種類から選んで頂きます。
色見本は店頭にご用意しております。(色味により、加工賃が変わります)


No3.ヒゲ、ハチノスの調整。(無料)
HW03.JPG
見た目を大きく左右する、ヒゲ、ハチノスの強さを
バキバキ、ハッキリ、ボンヤリ、ナシの4段階で調整します。

No4.裾のアタリ(無料)
ワンウォッシュを穿いて、丈をあわせます。生で丈を上げて加工に出すため、
お客様のご希望の丈に裾のアタリが出ます。
ナマモノなので多少の差はでますが、
これで色落ちデニムの鬼門、〔裾だけアタリがない〕を解消できます。

No5.有料オプションを選ぶ。(加工賃ご有料)
No3の画像の下と右からご有料のオプションを選んで頂けます。
下に参考画像はっておきます。
※もちろんオプション無しも受注致します!!


オーバーダイ.jpg
オーバーダイ(色入れ)、

オイル染み1-thumb-340x255-4705.jpg
オイル染み、

タタキ-thumb-340x255-4709.jpg
ダメージ(穴)、
リペア(穴+タタキ)、

グラ-thumb-340x255-4711.jpg
グラインダー(ポケット口、裾のほつれ)等々。

ポイント
No1からNo4までは、吊るしの加工デニム、つまり店頭在庫の加工デニムを
お買い上げいただく時とお値段は変わりません。(¥35.424〜¥36.504税込み)
つまり、デニムのお値段と加工賃だけで色見、ヒゲ、ハチノスの調整が出来ます。


これらの組み合わせで世界に一つだけの一本に仕上げます。





個人的なお薦めは
DSCN6339.JPG
Gジャンの加工です。
ジーパンも出来るなら、Gジャンも出来る。
特に色落ちの遅いデニムトップスですが、このキャンペーンで解消できます。
ぜひPコートのインナーに合わせてみて下さい。
チラッと見えるか擦れたインディゴ。その組み合わせはOWでは出ないシブさです。


DSCN6331.JPG
とまあ、ぜひこの機会にご来店下さい。
思いのほか、自由度の高いイベントです。

このイベントを札幌で¡やってしまおうと!

いう事です¡

楽しそうではないでしょうか?


間違いなく楽しいです¡


そして¡もちろん‼

フルカウントの定番品番デニムをすべて取り揃えます‼


c0204678_19254706.jpg

0105 1953 MODEL

0105XX  1953 MODEL HEAVY OZ

c0204678_19282241.jpg
1101 MIDDLE STRAIGHT
1101xx MIDDLE STRAIGHT HEAVY OZ
c0204678_19370724.jpg
1108 STRAIGHT LEGS
1108xx STRAIGHT LEGS HEAVY OZ
c0204678_19384561.jpg

1110 TAPERED MIDDLE STRAIGHT

1110xx TAPERED MIDDLE STRAIGHT HEAVY OZ

c0204678_19400761.jpg
1109 NARROW STRAIGHT
1109xx NARROW STRAIGHT HEAVY OZ
c0204678_19410960.jpg
当店では
1108、0105、1109を定番で取り扱っております¡
今回は¡イベントに合わせて¡
フルモデル、フルサイズ¡店頭にてご用意しております¡

もっと¡
詳しく今日は!ご紹介です‼
このページを読んでいる方も多いかと思います¡

FULLCOUNT ONLINE SHOP > FULLCOUNTがなぜ同じジーンズを作り続けるのか

 
 1990年代初頭からのヴィンテージブームにより、ヴィンテージジーンズの希少価値が非常に高くなりました。素晴らしい色落ちやセルビッチ等のアタリなど、経年変化のある物が格好良いというヴィンテージジーンズカルチャーが根付いた時代でもあります。

ジーンズの長年の歴史の中で、我々が最も良いと考えるジーンズは、40年代から50年代までの十数年しか作られておりません。経年変化が生み出す存在感、なにより足を通した者にしか解らない、抜群の穿き心地が最大の魅力であります。その最高だと考えるジーンズを再現し、品質を守りぬき、作り続ける事ができれば、世界一のジーンズメーカーになれるのではないかと考えました。

 
 1993年の創業当初、我々はまずヴィンテージデニムを解体し、デニムを構成する糸の一本から生地の分析、また縫製の仕組みを徹底的に研究するということから始めました。すでにジーンズの最大の生産地であった児島に毎週のように通い詰め、理想のジーンズを作っていただける工場をさがしました。そこで判明したことは当時(創業時)の工場の設備では、50年も昔に作られていたジーンズを作ることは不可能であるという事実でした。

セルビッチデニムを作るための、力織機はほとんど稼動しておらず、ジーンズのような厚地に綿糸の縫製が出来るミシンや職人が存在せず、そもそも綿の縫製糸すら白と黒くらいしかストックされていませんでした。時代とともに生産効率が重視され、昔の機械は淘汰されていたと言う事です。今でこそ当たり前のように使用されているセルビッチ生地から綿糸、ミシン、ボタンなどの付属類までも、全て一から構築し直さなければならなかったのです。

 
 我々の熱意も徐々に伝わっていき、根拠のない大きな夢に賭けてみようと協力をいただける人たちとの出会いが生まれ、その輪は少しずつ大きくなりました。そして一歩一歩課題をクリアし1995年にようやく納得の1本を作り上げることが出来ました。

それから20年、専属の提携工場では、当時のままフルカウントの定番ラインのみを生産し続け、職人の確かな技術がそのまま受けつがれており、クオリティーを保つために検品体制を怠らず、パタンナーとの連携によって微調整することで進歩しながら同じものを作り続けているのです。微調整とはデザインをアップデートするためではなく、長年にわたって同じものを作製するのに不可欠な作業なのです。

 
 フルカウントが最も重要としている素晴らしい穿き心地を生むデニムは、もちろん力織機を使いますが、力織機のなかでも特にデニムに適した重布力織機を使用しています。昭和26年に創業し今では100台以上の力織機を稼動させている機屋さんですが、フルカウントは20年にわたって数台を確保し、同じ力織機で同じデニムを織り続けています。気温や湿度によってデニムの風合いが変化してしまう古い力織機は、それを操る熟練の職人の勘が頼りです。そして規格の異なるデニムを織ることによって、クオリティーが変わってしまうという事がないように、需要が少ない時期であろうと、多い時期であろうと同じ様に力織機を動かし続けることが重要なのです。

これらのこだわりはジーンズメーカーとして、フルカウントにしか出来ない強みであると自負しております。

 
僅か十数年しか作られていなかった、理想のジーンズ。

フルカウントが完成させたジーンズはそれを上回る最高の穿き心地であると確信しております。フルカウントのジーンズを20年以上経った今もなお穿き続けて頂いているお客様、穿きたいと感じて頂いているお客様。また我々を信じてどのような時でも変わることなく生地を作り続けて頂いている工場、職人がいる限り、我々はジーンズ作りを続けます。

それが止まることなく同じジーンズを作り続ける理由です。






今回¡
Gジャンもご用意いたします¡
サイズが一部かけているかと思いますが¡
8月にはご用意できます!

そして¡
イベントに際して¡
ご購入のお客様にはスペシャルなノベルティもご用意しております¡
c0204678_20151275.jpg
フルカウント折りたたみチェア¡
これからの北海道の短いキャンプシーズンに¡
是非是非¡

かなり長くなりましたが¡

中嶋でした‼

by unique-jean-store | 2017-07-17 18:25 | イベント情報!!

札幌のセレクトショップ ユニークジーンストアブログ http://www.unique-jean.co.jp/